さざなみ古書店という場所

湖北に唯一とも言える古本店が、さざなみ古書店さんです。

場所は、長浜の中心市街地かいわい、
以前に紹介した長浜みーな編集室のすぐお隣にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この右側が長浜みーな編集室

 

 

ちょっと奥まっているので、初めて踏み込むには多少の気合が必要かもしれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

扉を開けると本の向こう側で、女性が本を読んでいる姿が目に入ってくるはず。
店主の中村恭子さんです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こじんまりした店内に本、本、本。
ぎっしりです。
当初は中村さんの蔵書がメインだったのですが、近所の人や噂を聞きつけた人たちがお家の不要になった本を置いていかれるのだそうです。
だからジャンルはさまざま。
絵本、歴史小説、サスペンス、文芸、写真集、芸術書、詩集に料理本…いろいろ目に飛び込んできます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特筆すべきは、中村さんの敬愛する塚本邦雄の著作がずらりと揃っていることでしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さざなみ古書店での楽しみは、お気に入りの本を見つけ出すことに加えて
中村さんとのおしゃべりにあります。
もともと、北九州にお住まいだった中村さんは3年前にふらりと旅して訪れた長浜を気に入り、移住を決意。
あれよあれよと町家を見つけ、お店を開業し、まちなかの暮らしに驚くほどの早さで溶け込んでいかれました。

 

 

個人的には、大島弓子の漫画の登場人物みたいな人だなあ、と思っています。
永遠の少女という表現もまた似合うなあ、とも思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いえ、決してメルヘンなのではありません。
赤瀬川原平好き故か、ひそかに路上観察学会長浜支部を立ち上げようとたくらんでもいるような人です。

何も本を買わずとも、あるときふと、中村さんとしゃべりたいなーと思い立ってふらりとたずねる。それが私にとってのさざなみ古書店のように思います。

さざなみ古書店
長浜市元浜町14-23
営業時間 11:00〜17:00頃
定休日 水木曜日