夏のお刺身 マスのあらい

DSC02612

湖北の食卓に出てくるお刺身と言えば、夏は「マスのあらい」です。

湖北では海の魚のお刺身はなんとなくどこかから借りてきたものという感じがしてしっくり来ません。地元の人たちに親しまれているのは、海の魚よりも、琵琶湖周辺で捕れる淡水魚の刺身です。

「マスのあらい」は、正確にはニジマスです。ニジマスを刺身にして、冷水にさっとくぐらせます。これが「あらい」と呼ばれるゆえんです。スーパーや鮮魚店に行けば、海の魚と同様に、刺身になった状態で売られているので、手軽に夕ごはんのおかずの一品にすることができます。

食べ方は、醤油ではなく、酢味噌につけて食べるのが一般的です。冷水に通されて、ほどよくコリコリとした歯ざわりとともにマス独特の旨味が口の中に広がります。海の魚よりもさらにさっぱりした味わいなので、酢味噌との相性も絶妙です。