湖北サイクル009

湖北を自転車で巡る気持ちよさをお伝えしてゆきます。

sIMG_1129

 

軽トラカフェで喉を潤した一行は、山本山を目指して再び走りはじめました。

目指す山本山はずっと正面に見えていますが、
走破はたやすいなどと侮るなかれ。
川の流れや路地の分かれ目、
そして幾つもの集落が行く手を楽しくさえぎってくれます。

 

sIMG_1229
ここは益田。
数十軒の屋根並みの中からひょこっと突き出すのはお寺の大屋根。
山本山の勾配と絶妙なハーモニーを醸し出しています。
もじゃもじゃとした木立はお宮さんの杜。

 

sDSC_0662
ここは海老江。
朝日教会の前で一休み。
今からおよそ80年前、
来る日も来る日も野良の仕事に明け暮れた先人が、
もっと豊かに、働き、歩み、暮らすことを目指して、
皆が集って学べるようにこの小さな教会を建てました。
質素でやさしいこの雰囲気。
設計はヴォーリズ建築事務所です。
小さな集落の中に大きな発見が眠っています。

 

sDSC_0685
そしてついに山本山の麓に到着。
ここは山本の朝日山神社。

s0
なんとまたまた??
先回りした軽トラが笑顔でお出迎え。
やうやうしく取出された小箱に皆の注目が集まります。
それは『湖北のめぐみ弁当』
季節の食材を使った色鮮やかなお弁当でした。
今すぐに食べたい衝動をなんとか抑えて最後の一踏ん張り。
絶景の広がる頂上を目指します!

sIMG_1263
小さく見えた山本山ですが。
しばし無言。
じつはなかなか急勾配。

 

しかし気がつけば。
眼下に広がる美しい湖北。

sIMG_1131
平地と琵琶湖がまるでひと続き。
通ってきた集落が島々のように浮かんで見えます。
これがわたしたちの暮らす湖北。
豊かな水に満たされた景色にため息が漏れました。

 

s10374875_589068561207788_5360022916106107843_n
さあそして、ついに山本山を攻略。
おまちかねのお弁当を頂きます!!

s1

 

一同
「旨—い!」
「美味しい!」
「あまーい!」

さらにすばらしい名言

「湖北の味がする!!」

 

sDSC_0005
訪れて善し、眺めて善し、食べて善しの湖北

風もなく暑すぎず、ピクニックには最高の一日でした!

 

s10456193_589068264541151_6997756873126257392_n
今回はここまで。
山本山を後にする一行を、ニコニコと見送る愉快なお地蔵さまの一群がいらっしゃいました。