長浜のソウルフード暫(しばらく)

SDSC05267

世の中一般的には大判焼や今川焼としてしられているこの食べ物、長浜を中心とした湖北の人々には暫(しばらく)として知られています。

暫を販売するのは、長浜の駅前通りをしばらく歩いたところにある「茶しん」というお店です。茶しんはもともとお茶屋さんさんのようで、暫を販売する駅前本店とは道を挟んで反対側に銘茶部があり、お茶屋や茶道具なども扱っています。

SDSC05271

暫という商品名は歌舞伎の演目「暫」にちなんでいます。茶しんのWEBサイトによると暫は昭和30年に登場したらしく、長く湖北の人々に愛されてきたソウルフードです。暫は一つ75円。黒あんの通称「くろ」と白あんの通称「しろ」の二つの種類があります。それぞれの好みによってくろ派としろ派に別れるようで、この日も打合せの差し入れに提供された暫を前に、どちら派なのかで盛り上がりました。